イメージの詩 - 吉田拓郎

作詞:吉田拓郎
作曲:吉田拓郎

これこそはと 信じれるものが
この世にあるだろうか
信じるものがあったとしても
信じないそぶり
悲しい涙を流している人は
きれいなものでしょうね
涙をこらえて 笑っている人は
きれいなものでしょうね

男はどうして 女を求めて
さまよっているんだろう
女はどうして 男を求めて
着飾っているんだろう
いいかげんな奴らと 口をあわして
俺は歩いていたい
いいかげんな奴らも 口をあわして
俺と歩くだろう

たたかい続ける人の心を
誰もがわかってるなら
たたかい続ける人の心は
あんなには 燃えないだろう
傷つけあうのが こわかった昔は
遠い過去のこと
人には人を傷つける力があったんだろう

吹きぬける風のような
俺の住む世界へ
一度はおいでよ
荒れはてた大地にチッポケな花を一つ
咲かせておこう
俺もきっと君のいる太陽のあるところへ
行ってみるよ
そして きっと言うだろう
来てみて良かった 君がいるから

長い長い坂を登って
後を見てごらん
誰もいないだろう
長い長い坂をおりて
後を見てごらん
皆が上で手を振るさ

きどったしぐさが したかったあんた
鏡を見てごらん
きどったあんたが映ってるじゃないか
あんたは立派な人さ

激しい激しい恋をしている俺は
いったい誰のもの
自分じゃ 言いたいのさ
君だけの俺だと 君だけのものだと
裏切りの恋の中で
俺は一人もがいている
はじめから だますつもりでいたのかい
僕の恋人よ

古い船には新しい水夫が
乗り込んで行くだろう
古い船を 今 動かせるのは
古い水夫じゃないだろう
なぜなら古い船も 新しい船のように
新しい海へ出る
古い水夫は知っているのさ
新しい海のこわさを

いったい
俺たちの魂のふるさとってのは
どこにあるんだろうか
自然に帰れって言うことは
どう言うことなんだろうか
誰かが言ってたぜ
俺は人間として自然に生きてるんだと
自然に生きてるって
わかるなんて
何んて不自然なんだろう

孤独をいつの間にか
さびしがりやと感違いして
キザなセリフをならべたてる
そんな自分をみた

悲しい男と悲しい女の
いつもひとりごと
それでもいつかは
いつものように 慰めあっている

※歌詞の保存、印刷、引用、コピー&ペーストは著作権保護の観点から禁止しています。

1 /  (最初に戻る)

新着歌詞 - 吉田拓郎

(歌い出し)若かった頃の 事をきかせて…

(歌い出し)かなりやばい線になってきた…

(歌い出し)黄色いアロハに着替えたら…

(歌い出し)夕焼けに向かって走って行く…

(歌い出し)永遠のたずねびと…

アーティストデータベース - 吉田拓郎


よくある質問
このサービスのよくある質問です
1 掲載されている歌詞に誤りがあるので訂正してもらいたい
gooのお知らせ
おもいやり食堂gooヘルスケア「おもいやり食堂」ヘルシーでおいしいメニューがたくさん!疲労回復にもつながるメニューも。早速、つくってみよう!
いまgooいまgoo「いま」の話題が楽しめる「いまgoo」、おもわず話したくなる話題で、楽しむ・シェアする・盛り上がる!
SIM入門スマホをお得に!SIMフリー端末、格安SIM情報あなたのスマホライフに使える、役立つ、得する情報をお届けします
災害用伝言サービスから節電サポートまでNTTグループ内の災害対策リンク集で、万が一のための情報を知っておこう。
パピレスgoo電子書籍特集愛犬を失った彼女を立ち直らせたのは、英一郎(犬)との出会いだった。2人の種族を越えた愛が始まる!?
gooサービス
教えて!   不動産   賃貸   地図   乗換案内   天気   郵便番号   中古車   中古バイク   講座   資格   求人   アルバイト   マネー   保険   ホテル予約   旅行   電話帳   辞書   Wikipedia   ビジネスコラム   プレスリリース   エコ   飲食店   レシピ   恋愛占い   無料占い   懸賞